コンテンツまでスキップ
6月19日開催 ”進捗率での管理は時代遅れ?” すぐに実践できる「残日数」でのプロジェクト進捗管理のメリット
Banner_20240619
■こんな方におすすめ
  • プロジェクトを管理するマネージャー(特に複数プロジェクトを管理するマネージャー)
  • PMO

進捗率での管理は時代遅れ?

「タスク進捗率●%」でプロジェクトの進捗を管理している組織を拝見する機会が多いですが、実はそこには"大きな落とし穴”があります。
「順調だと報告を受けていたプロジェクトが終盤で突如炎上した」という経験はありませんか?
そのような経験がある方は、すでにこの落とし穴にはまってしまっている恐れがあります。

しかし、その落とし穴は、ちょっとしたことで回避できるようになるのです。

本セミナーでは、残日数によるプロジェクト管理で、リスクを早期検知し、先回りしてプロジェクトの炎上を防ぐプロセスをソフトウェアによるデモを交えながらご紹介します。

 

セミナー名
”進捗率での管理は時代遅れ?”
すぐに実践できる「残日数」でのプロジェクト進捗管理のメリット
日時
2024年6月19日(水) 11:00~12:00
アジェンダ
  1. 弊社紹介
  2. 進捗率によるプロジェクトマネジメントの落とし穴
  3. 残日数によるプロジェクトマネジメントのメリット
  4. プロジェクトの失敗を防ぐプロジェクトマネジメント手法『CCPM』とは?
  5. プロジェクトの先手管理を実現する『BeingManagementクラウドサービス』のご紹介
登壇者
株式会社ビーイングコンサルティング
営業担当
会場
オンライン(Zoom)
※入退室自由(途中参加/途中退出いずれもOK)
※入室時にチェックを行います。フルネームでのアカウント登録をお願いいたします。
定員
人数制限はございません。
※同一組織から複数名で参加される場合にも、個別にお申し込みください。
※同業他社/研修講師業の方は、ご参加をお断りしております。
※規定人数未満の場合、中止となる場合がございます。予めご了承ください。
■内容や登壇者は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
 

登壇者

セミナーお申し込み
  • 参加費:無料
  • 会場:オンライン(入退室自由)